Welcome to JIA!

インド初の日系インターナショナル幼稚園

ジャパン・インターナショナル・アカデミー(JIA)はインド初の日系インターナショナル幼稚園として、2017年4月にグルガオンで開園しました。今年で3年目を迎え、保育プログラムの充実にはますます力を入れています。現地のインターナショナルスクールや日本の幼稚園とは一線を画する保育内容で、子どもたちが海外にいること、広い世界にいることを意識し、インドという環境の違いを楽しみながら幼稚園生活を送れるように園児たちの成長をサポートしていきます。また、海外の幼稚園の優れた点に加えて日本の幼児教育の優れた点も取り入れていることがJIAならではの保育です。子どもたち一人一人の個性を尊重しながらも、日本人的なマナーや集団生活における気持ちのいい振る舞いについて幼少期にしっかり伝えていくことに努めています。

幼児期における英語教育には色々な考え方がありますが、当園は子どもたちが楽しみながら自然に英語を覚えていく環境を作り出すことに力を入れています。保育はインド人の先生によって英語で行われますが、もし何か問題がある時には日本人の先生が子どもたちをサポートすると同時に、インド人の先生が子どもたちのことをよりよく理解するための指導も行なっています。言葉が通じないという不安感を取り除くことで、園児たちは安心しながら英語に親しみ、楽しく園生活を送ることができると考えいます。

JIA園長 江頭知華子

******************************

2020年6月 保護者の皆様へ

新型コロナウイルス感染者数は世界的に増大する一方ですが、日本を含め、国や地域によっては行動制限や経済活動の規制の解除・緩和が進み始めました。皆様の生活にも少し変化がある頃かと思いますが、JIAファミリーの皆様がそれぞれの地で健康に毎日を送っていらっしゃることが、不安と共に過ごす新たな日常の中では何よりの喜びです。どうか引き続き、感染対策に気を緩めることなく、ご無理をなさらずに毎日を過ごされることを願います。

さて、私たち幼稚園の取り組みですが、通常ならば6月と7月は夏休み期間となるところですが、このままオンラインクラスを継続していくことになりました。6月半ばからは新たに、全ての園児を対象に英語の個人レッスン及び小グループレッスンを取り入れ、インドでの幼稚園生活になるべくスムーズに戻れるよう予定を組んでいきたいと考えております。

最初は手探りで始めたオンラインクラスでしたが、2ヶ月にもなると、色々見えてくるものがあります。通常保育再開まであまり長期化しないことを願いますが、オンラインならではの利点や可能性を最大限に生かしたプログラム作りに力を注いでいきたいと思います。とはいえ、これまでのクラスもこれかのクラスも、保護者の皆様のご協力があってこそ成り立つクラスであり、それを可能としてくださる保護者の皆様には深く感謝しております。色々な面で保護者の皆様にはご負担をおかけすることになり恐縮ですが、どうかもうしばらくお付き合いくださるようお願いいたします。

長くなりましたが、最後にもう一つ、お礼をを申し上げたいことがございます。幼稚園に通えない園児たちとご家族の生活を、幼稚園として何とか支えていこうと色々な活動を考案し行ってきたつもりですが、オンライン活動を行うたびに、こちらの方が子どもたちの笑顔や保護者の皆様からのお言葉に大きく支えられているということを実感しております。「楽しかった」という言葉だけではなく、PCを通しての活動であることの難しさに「どうすればいいのでしょう」と悩みを打ち明けてくださる保護者の方々ー 日々の負担の多い中にあっても、共にいい時間を過ごしたいと思ってくださるそのお気持ちが何よりも私たちの励みとなっております。今後のオンラインクラス、保育再開後のこれからのプログラムにて、子どもたちのためにJIAでしかできない保育や活動を追求・実践していくことで、皆様に対する感謝の気持ちを少しでも示すことができれば幸いです。

インド、日本、アメリカ合衆国の3カ国をつなぐオンライン・ライブクラスという非常に特殊な環境にある種のロマンを感じてしまいますが、この状況が早く終わることを切に願っております。子どもたちが園舎に集える日が早く来ますように!

2020年6月10日、ニューヨークにて

JIA園長 江頭知華子